高校中退から通信制高校に入るにはどのくらいの費用がかかる?

「高校中退の道を選んでしまったけれど、やっぱりもう一度勉強しなおしたい。高卒の資格を取っていい仕事に就きたい」。
このような思いを抱いて、通信制高校の門をたたこうとしている人も多いでしょう。
しかし、そこには費用という壁が立ちはだかります。
では、通信制の学校に通うのにはどのくらいのお金がかかるのでしょうか?


通信制高校にかかる費用は公立か私立かでかなり変わってくる

公立ならば、入学金は数百円で済み、年間の授業料も3万円程度で済むので、卒業までの3年間でかかる学費は10万円くらいに収まります。
これはかなり安いですし、普通の高校と比べても圧倒的な低さです。
通信制の高校は時間の融通が利くところもあるので、この額ならアルバイトをしながらでも通うことができますね。
お金がなくて高校中退をせざるを得なかったという方は、公立の学校に通われてはいかがでしょうか。
一方私立は、入学金数万円、年間の授業料に20万円程度かかるので公立よりかは若干高めになります。
この額だと「お金がなくて高校中退という道を選んだ」という方には厳しいかもしれないですね。
しかしある程度お金がある方なら、私立への入学を目指してもいいのではないでしょうか。
参考にしてみてください。


高校中退をして勉強に不安があるなら私立の方がいいかもしれない

しかし、通信制高校は学費で選んではいけません。
これだけ費用が違ってくるということは、それだけ内容も大きく変わってくるのです。
たとえば私立の学校の方が丁寧にスクーリングをやってくれて勉強の個別指導もやってくれますし、わからないところは何度でも教えてもらうことができます。
公立もできないことはないですが、しかし私立ほどシステムが整っているというわけではないので、ある程度独学で行っていかなければなりません。
高校中退をして勉強に自信がない方もいらっしゃるでしょうから、お金だけではなく自分のレベルのことも考えて学校を決めてくださいね。